<   2017年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ほんじつ、「目覚めのコース下北沢校」の
第3回めの講座でした。

会場のディージャンにとうちゃくして
生徒さんをまっていました。

さいしょにあらわれた生徒さんをみて

あれ??
かろやかだな~!

とかんじました。

そしてほかの生徒さんがやってくるまで
はなしていたのですが
なんだか表情もちょっとちがう…

ほかのおふたりにも、そのあと
この1か月のあいだのことをおききしてみたら
おおきなできごとがあったようでした。

そんなこともあってか
きょうの講座はさいしょからさいごまで
いままでとちがっていたなぁとかんじました。

みなさんが講座をたのしんでくれている!
そのことがいままでいじょうに実感できたのです。

ワークをとおしても
すばらしいことがありました。

涙がでてきて…とことばをつまらせながら
ほうこくしてくださったり

おなじワークで

わけもなく涙がでる、と
いわれたかたも。

体感できたことで
実感としてつよく信頼に結びついた、という場面に
じぶんがたちあえていることが
こんかいもたまらなく
しあわせでした。

きょうの講座は、ひとことで表現すると
とってもパワフル☆
恩恵のたくさんつまったじかんでした。

シンクロもたびたびおきたりして
「宇宙じかん」だったような。

そしてはやくも

まだまだだとおもってたのに
あと2回??

というこえもきかれました。

ほんとうに、全5回の講座は
あっというまなのです。

下北沢校は、7月まで。
あと2回も、すばらしい恩恵にあふれた
しあわせなじかんになると意図して
じゅんびします。


5月がおわります。
公私ともに、とっても充実していました。

かかわってくださったみなさまに
こころから感謝します。

6月は誕生月でもあるので
またあらたなきもちで
いま、まかされていることにとりくみます☆


たんじょうびといえば
ねんれいとからめて余談ですが…

きょう、地元(新潟のいなかです)の
おさななじみからでんわがありました。
このじき、だれかしらが同窓会の幹事になって
れんらくをしてきてくれます。

ことしの担当のY。
しらなかったのですが、5人のおこさんがいるとのこと!

いちばんうえのこは、23さい。
もう結婚してる。

というので、

もしかして、まごいるの??

とおそるおそるきいたら、

もう、おばあちゃん!とのこと!!
でもいちばんしたのこは
小3だそうで、育児まっさいちゅう…

わたしとおないどしで
おまごさんがいる、というひとのはなしを
きょうはじめてききました。

そして…中学校そつぎょういらい
あっていないYを
こころからそんけいし
すばらしいなぁとかんどうし。

まいとし、同窓会のれんらくをもらうたび
ずっとあっていないなかまとはなしこんで
かのじょたちのパワフルさに
げんきをもらっています。
(出席しないのに、ありがたい)

そういえば
地元のひとたち(おもに女性)って
みんなげんきだよなぁ…と
あらためてかんじています。

やっぱり、服部みれいさんがいわれるように
げんきのひけつは
「水と空気」
なのかも…☆





*************************************


うちゅうのながれにのっている☆







*************************************




[PR]
by carta-de-mami | 2017-05-30 22:22 | 「目覚めのコース」関連 | Comments(0)
b0267534_01260660.jpg
5月24日(木)、「目覚めのコース町田校」の第3回でした。
画像はこの日、生徒さんにいただいた
お庭のお花たち☆
とってもかわいらしい♪

ぜんかいの講座から、
どんなきづきや変化があったか
シェアしてもらうのですが

「さっそく第2回でおそわったメソッドをつかってみたら
じぶんがみたものがめのまえで現実になっていった
それで、

あ!ほんとなんだ!

って確信した」

という、すばらしいごほうこくがありました☆

おはなしをきいていて
わたしもわくわくします。

じぶんののぞむみらいをよびだす。
そんなメソッドのつかいかたです。

回をかさねるごとに、
さまざまな体験をされていて

こういうながれを
宇宙はこのひとたちによういしているんだ

と感じながらおはなしをきいています。

そして、第3回では
「コマンド」によるちから、
そのちがいを体感した生徒さん。

「いま、やってみて
これだけことばのちからがあるってかんじられたぶん
日ごろじぶんが、こどもたちにいってることばが
どれくらい影響してるのかってかんがえたら
ほんとうにきをつけないとっておもった!」

という感想をおっしゃってました。

わたしたちが日常で無意識につかっていることば。
それはほんとうに、コマンドになっています。
発したことばのとおりの
現実が創造されているはず。

シェアのときにも

「こどものことを、だれかにほめられると
つい、

そんなことないよ~!!

って否定したり、でもうちのこは…って
つい欠点をはなしちゃったりする。

それってよくないですよね??」

というご質問がありました。

ついつい、けんそんして
そういってしまうのもよくわかるのです。

でもそのことばのうらには

相手の目をきにして、つい…

という心理がはたらいているとかんじます。

けんそんしとかないと、あいてから
どうおもわれるかわからない、という不安やおそれ。

否定するのはよくないとわかってても

「そうなの!
うちのこって〇〇なの~!」

と、全肯定するのもどうなんだろう??

というはなしになったので

「わたしだったら
ほめてもらったことにたいして
すでにきづいてることだとしても

え?ほんと?
そっか~、ありがとう!

っていってるかな~」

とおつたえすると

「そのかんじだったらいかも!」

と、ご納得いただけたようす。

ほめてもらったときにも
かるーくうけとめる。

そうすることでみんなきもちよく
そのばにいられる。

講座のなかで
そんなおはなしもしています☆











*************************************


うちゅうのながれにのっている☆







*************************************

[PR]
by carta-de-mami | 2017-05-27 02:11 | 「目覚めのコース」関連 | Comments(0)

『第二章がはじまる』

きのうの朝、庭にでて
さいきん植えたハーブに水やり。
そしてちょっとずつ、摘ませてもらって

ちょっとまえまでのわたしは
庭をどうしていいかわからないで
もてあましていたなぁ。
蚊もいっぱいでて
庭しごとなんてぜったいむり!っておもってたのに
この変化ってすごいなぁ

なんておもいながら
いえにはいろうとしたら

『第二章がはじまる』

とメッセージ。

なにげなくひとりごとを
あたまのなかでつぶやくと
こんなふうにメッセージがきます。

そういえば…
げつようびからおなかをこわしていて
おとといのよるまで不安定だったのに
きのうの朝は、きゅうにおちついたのでした。

なんだか、浄化がひととおり済んだかのよう。

そして、きのういちにちすごしてみて
やっぱり
なんとなく

第二章、はじまったんかな?

というようなふんいきでした。

おなかをこわすまえからも
じぶんの内側の変化がめまぐるしく
どんどんかわっていくのをかんじていました。

庭のことも、おおきな変化です。
いまのいえにすんでから
ほんとうにてをかけていなくて
両親が実家からくるたびに
あれやこれやアドバイスしてくれていたのですが
なんせ蚊の大群にへきえきしていて
まったくやるきがでなかったのです。

きっかけは、庭に敷かれたタイルの
目地の草だけでもとってみようとふとおもったこと。
タイルのぶぶんがきれいになったら
そのまわりも…となって

ひさびさに苗を植えようかな、とおもい
ハーブを植えてみたら、かわいくてかわいくて。
いままでもハーブはすきでしたが
植えては枯らす、をくりかえしていたのです。

それが、このたびは
庭にでるのがすっかりたのしくなり
まいにち、ようすをみにいっては
はなしかけ、
おおきくなるようすをみまもっているという。

わたしはもともと、
新潟のいなかそだちで
たんぼにかこまれていきてきました。
水がとってもきれいで
夏でもつめたい。
いまおもうと、すばらしい環境。

うまれながらにして
山と川はみぢかなもの。

そのころのじぶんを
なんとなく、おもいだしつつあります。

ずっと、あたりまえすぎてわからなかったけど
わたしは、とっても
いきものがすきだということも
はっきりきづきました。

爬虫類はだいすき。
虫もわりとへいき。

庭にあらわれたりすると
ここでいきてるんだなあ、とかんじて
たまらなく、応援したくなります。

いまは、植物にもおなじ感覚で
せっすることができるようになって
ものすごい変化ともかんじるし
これが本来のわたしなのか、とも
かんじています。

生きとし、生けるものに愛を感じる。

「じぶんが、じぶんにかえっていく」
というプロセスが
どんどん進行しているようにかんじます☆








*************************************


うちゅうのながれにのっている☆







*************************************

[PR]
by carta-de-mami | 2017-05-21 01:55 | 目覚めの意識 | Comments(0)
5月11日(木)、現在開講中の
町田校の第2回目でした。

やはり、前回のブログでもおはなししたとおり
生徒さんの本質がよりみえてくる、と
じっかんしています。

とくにこんかいの町田校メンバーのおひとりは
10年以上のおつきあいのある、ママ友。
むかしからしっていて
わたしの開催するイベントにも
たびたびあしをはこんでくれていました。

そんな彼女の、まだ
彼女じしんもきづいていなかった
すばらしい未来への展望が
リーディングで視えたときには

これは彼女にぴったりだ!

と、感動をおぼえました☆

その話題でかなりもりあがって
ほんとうにたのしいじかんでした。

いっしょに受講されているかたも
ご自身では自覚されていない才能が
なんど視てもでてきました。

それをおつたえしたら
過去にわたしがつくらせていただいた
この日おつたえしたことが書かれてあった!と
ごほうこくくださいました☆

これにより
ごほんにんが、ご自身の才能にめをむけることで
その才能がおもてにあらわれ
かがやきだして
このさき、すばらしい未来がひらけるとおもうと
とってもたのしみです。

すこしまえに、現在おやすみちゅうの
不定期オープンした日にうかがって
数年ぶりにオーナーさんとおあいしました。

そのときに、いわれたこと。

「マミさんはこれから
いろんなひとの才能をひきだしてあげるんだろうな」

この日の講座をおえて
このことばをおもいだしました。

そして

歌里さんが、わたしが講師になったときに
目覚め会でおはなししてくださったことのなかに

「マミちゃんには
とにかく『信頼』がある。
じぶんへの信頼もだし、
わたしがつたえたことを信頼して実践してきて
いまがある。
宇宙への信頼、
流れへの信頼、
なかまへの信頼、家族への信頼もつよい」

というものがありました。

じぶんでいうのもなんですが、

わたしがいちばんじしんがあるのは
これなのです。

「信頼すること」で
現実化してきたことばかり。
というか、それしかないとおもいます。

だから
生徒さんへの信頼もつよいのです。

すばらしい本質のせかいを
みせていただくたびに
そのせかいを、つよくしんじていきます。

それが、すべてのひとに
すでにあるちからを
ひきだすことができる、ということを
身をもってしったからです。

とくいなことは
信頼しつづけること。
もってうまれた性質であり
つよみでもある。
じぶんはもちろん
ひとのために役立てていくもの。

あらゆることに
いかしていきます☆








*************************************


うちゅうのながれにのっている☆







*************************************





[PR]
by carta-de-mami | 2017-05-14 15:44 | 「目覚めのコース」関連 | Comments(0)

ナカガワマミ:『目覚めのフィールド』のはしわたし。インフィニット・グレイス「目覚めのコース」認定講師。西洋式レイキティーチャー。『目覚めのコース』、おはなし会の開催、イベント企画・運営など。たいせつなことはほんとうにシンプル。それでいいのか!ときづいていくことであらたなせかいにシフトする。変化することは、たのしいこと。あらたなじぶん、ほんとうのじぶんにつながってたのしくしあわせにすごしましょう☆彡


by carta-de-mami