<   2013年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

まほうのちから

きのう、ワンネス瞑想会に参加してまいりました。
2ヶ月ぶりです。
しかも、末延先生のお誕生日だったそうです。

めっちゃたのしかったです。
なんでだろう、とにかくたのしかったです。

その朝、最近買ったばかりの「ザ・マジック」のなかに
「魔法の一日を過ごしましょう」
という章があり、読んだのですが

朝おきたらなるべくはやめに、その日いちにちのスケジュールを
すべてうまくいくようにイメージをして
そのひとつひとつに「ありがとう」といってしまう。

そうすると、魔法の一日をおくることができる!

という魔法のレッスンがありました。

それをとりあえずやって、きのう1日どうだったかというと…

瞑想会を終え、寄り道して電車に乗っていたとき

「なんて今日はしあわせな日だったんだろう!
 瞑想会をこんなにたのしく感じたの、はじめて!
 もうしこんで、ほんとうによかった!
 ありがとう、ありがとう、ありがとう〜!」

と、ず〜っと思っていました。

「ザ・マジック」の魔法は、効きました。

イメージ、たいせつです。
アファメーションのちから、おおきいです。
[PR]
by carta-de-mami | 2013-07-31 11:22 | Comments(0)

記念すべき、たのしい日

7月26日(金)。

レイキティーチャーになってはじめてのアチューンメントでした。

この日、講座を受けてくださったCさんにいわれました。

「今日って、マヤ暦だと1年のスタートの日なんですよ。
 マミさん、そのことしってて今日にしたんだと思ってました」

…まったく、しりませんでした。
でも、日程をきめるときに、スケジュールを見ながらいろいろ考えてて
最初から「ここかな」とおもっていた日にきめたのですが
それが、そんな意味のある日だったなんて。

みちびかれてるなぁ、とおもいました。

Cさんも、この日はおはなしをうかがっていると
高次元から祝福をうけているとしか思えない時間を過ごされていました。

そしてアチューンメントを、というより、わが家にくるのを
ほんとうに楽しみにしてくだっていたのがわかりました。

それがよくわかるエピソード。
この日たちよった矢部のステキなごはん屋さん「よも食堂」で
目に入った本のタイトルが
糸井重里の「ともだちがやって来た。」
この本から目がはなせなくなっていた、と。

大爆笑でした。
Cさんは、完全にうちにあそびにきていました。
そしてそのワクワクがわたしたちにとって、とてもたのしい時間となりました。

講座の時間もちゃんと取りましたが
それいじょうにおしゃべりタイムが盛り上がって時間を忘れ
9時頃晩ごはんを食べにいき
解散したのは11時。

仕事の感覚もないままに
ただただたのしんでいた初講座。
これは受講者がCさんだったからですね。
ほんとうにたのしかった、ありがとう!

8月2日(金)、セカンドディグリーの講座です。
この日はどんな講座になるのか?!
[PR]
by carta-de-mami | 2013-07-30 07:55 | Comments(0)
昨日の夕方、かよちゃんから連絡をとってほしいと
アドレスをいただいた方がいます。
その方は過去2回ひらやれいきに来てくださった方。
レイキで変化を感じて、興味をもってくださったようです。

今日いただいたメールでは

下のお子さんが幼稚園に入って
なにかはじめたいとおもっているときに
かよちゃんをつうじて、わたしと出会ったことに
ご縁を感じた

とつたえてくださいました。

じつはかよちゃんには、以前から
この方には、マミちゃんとおなじものを感じる
といわれていました。

そしてこのメールを拝見して
じぶんの立ち位置の変化にきづきました。

「いまのわたしは
 だれかの夢や目標を後おしできる立場にある」

いまのいままで、じぶんの目標ややりたいことにばかり
気をとられてきました。
ただ走りつづけてきたというか。
まだまだじぶんを成り立たせることしかあたまになく。

でも、講座をひらくことで
それを必要としているひとたちにたいして
確実にちからになれるのだと
もうそういう時期なのだと
自覚しました。

こんな短期間で
わたしこんなに変わってた。

みちびき、みちびき、みちびきにつぐみちびき…

そして明日は、みちびかれるままに

『ヒカリノアメ ノ レイキ講座』

初講座です。
[PR]
by carta-de-mami | 2013-07-25 21:44 | Comments(0)
7月12日(金)。

はじめて、Ruccaちゃんの個展を見にコトコトさんと
小田急相模原の海福雑貨さんへ行きました。

Ruccaちゃんにぜひオーダーでネックレスを作ってほしかったので
Rucca部屋で石をいろいろ見せていただきながらお話ししました。

そのときに
「江ノ島にも、お礼参りに行かないとですね〜」
とRuccaちゃん。

それからわたしがレイキの初講座を今月行うはなしをしたら

「じゃあ、マミさんがいちばんに縁むすびのご縁が
 あったってことですね!」

と言われました。
そう言われるまで、これが江ノ島のご利益だとは
ぜんぜん気づかなかった…

そのご縁とは、レイキティーチャーになることをかんがえていたときに
「ひらやおしゃべりれいきの会」に2度目にご参加くださったかたが
「レイキの伝授はされないんですか?」ときいてくださった流れで
じつはこんど恩師に相談してみるつもりです、とおつたえしたら

「実現したらぜひ講座を受けさせてください!」

と、講座の予約をしてくださった、という
ゆめみたいなおはなしです。

以前からレイキのことは知っていたけれど、セッションを受けるまでにいたらず
ひらやれいきに興味を持たれてはじめてレイキを体験されたそうです。
彼女はわたしにひとめ会ったときから

「この人だ!」

と感じられたそうで、
「このひとからレイキをならいたい、と思ったんです」
とおはなしくださいました。

まだ歌里さんに相談すらしていなかった段階だったので
彼女のおはなしをとてもふしぎなきもちでききました。

歌里さんにティーチャーの講座の相談をするとき

「バイトをやめてじぶんのやりたいことをやっていくうえで
 収入のことをかんがえてティーチャーになることを思いついたのは
 流れとはいえないんじゃないかとも思うんですけど…」

とお話ししたら

「でも、やると決めたら
 その講座を受けたいという人が
 あらわれたんだから
 それは流れじゃない?」

とのおことばがあり、そのおかげで
これも流れなんだ、と受けとめられました。

江ノ島で縁むすびを祈願したメンバーではなしているときに
それが縁むすびのご縁だと気づかせてもらえたことが
またわたしにはとてもうれしいことでした。

すずしくなったら、お礼参りに。
それまでには、コトコトさんもRuccaちゃんも
すばらしいご縁がむすばれているでしょう。

「江ノ島シスターズ」は。かよちゃんが命名。
とってもいごこちよくたのしめるメンバーです。
[PR]
by carta-de-mami | 2013-07-15 01:30 | Comments(0)

エネルギーの体感

かつて学んだ講座のなかに
「潜在意識の設定」
という項目があります。

潜在意識、とかいうと、とてつもなくすごいことに思えます。
字面で見ると、ちょっと恐ろしくも感じるような。
みなさんは、どういう印象をもたれるでしょうか?

わたし自身、この設定を何度かしてみて
じっさいに自分の変化を顕著に感じています。
急激に変わることもあれば
ゆるやかに、時間をかけて変化をしていて
しばらくしてから気づくこともあります。

けっして恐ろしくはないが
まちがいなくすごいツールなんです。

きのう、はじめて中2の長女に潜在意識の設定をしてみました。
わたしの潜在意識を設定すれば、長女のも変化する…
そもそも潜在意識はみんなつながっているってことを
今思い出したのですが
きのうはそれをわすれていて、長女の話をききながらやってみたところ。

高次元のエネルギーのサポートを受けて
クライアントさんに感覚を感じてもらうのですが、
長女にも、きちんと体感があって、視えたものがあって…!!

すごい〜!!
と感動しました。

設定してからの変化は、これからどうなるかたのしみにしています。

感動したので、これはじぶんの活動メニューにぜひくわえて
クライアントさんがよりよい生き方ができるように
お手伝いさせていただきたいと思いました。

ご興味のある方は、ぜひご連絡ください☆
[PR]
by carta-de-mami | 2013-07-11 10:18 | Comments(0)

ゆめとやくそく

7月3日(水)。

わたしにとって、何年越しかの夢がかなった日です。

それは、「レイキティーチャーになること」

かなえてくださったのは、「目覚めのコース」というスピリチュアル講座で
わたしにたくさんのことをおしえてくださった先生。
いや、師匠だな。

歌里さん、です。

目覚めのコースを受けてきた、思い出の会議室。
ここでレイキのティーチャー講座を受けられるとは。
ついこのまえまでは、ほんとうに妄想でしかなかったことです。

歌里さんにお会いするたびに、歌里さんがわたしの活動を
応援してくださっていることや
目覚めのコースで学んだ技法を、今後に活かしていくために
いろんなアドバイスをくださることに
弟子として、無限大の愛、そして無限大のしあわせと安心を感じています。

わたしがいつかどこかで

「ほんとうに輪廻転生があって、何度生まれ変わっても
 わたしはあなたを見つけるからね!」

と歌里さんにやくそくしていた、というひとつの物語があり
そのはなしを思い出すたびに、涙があふれます。

それからなんどか人生のどこかでごいっしょして…

今生でも、やくそくどおり。
わたしは歌里さんと出会いました。
それも、人生の目標にしていたことを、ひとつひとつかなえていくために。
つまり、うまれてきた目的をかたちにするために。

とくべつであり、最高の出会いです。

出会って、歌里さんと今生でかわしたやくそくがあります。
つぎはそれを実現するために、
これからのわたしがあります。
[PR]
by carta-de-mami | 2013-07-05 00:57 | Comments(0)

ナカガワマミ:『目覚めのフィールド』のはしわたし。インフィニット・グレイス「目覚めのコース」認定講師。西洋式レイキティーチャー。『目覚めのコース』、おはなし会の開催、イベント企画・運営など。たいせつなことはほんとうにシンプル。それでいいのか!ときづいていくことであらたなせかいにシフトする。変化することは、たのしいこと。あらたなじぶん、ほんとうのじぶんにつながってたのしくしあわせにすごしましょう☆彡


by carta-de-mami