くすりのひきだしの整理から☆

ぜんかいのブログで
じぶんは「ばあば世代」なんだと
自覚したおはなしをしましたが
じっさい、ここさいきん
せっしているかたがたは
おまごさんのいるかたがおおい、
ということを
きょう知りました。

お若いかたがたばかりなのですが…
なんだかふしぎなながれです。

きょう、あるかたが

「もう、このとしになったら
まごより、じぶんよ!
まごにいいものたべさせるまえに
老い先みじかいわたしたちが
いいものたべなくちゃ!」

といわれていました。

そうかぁ、そういうかんがえもあるんだなぁ
じぶんを大事にする視点だなぁ

それをきいていた、おまごさん優先だったかたも

きょうはべんきょうになったわ!

といわれていました。

「おやが、こどもにしてあげればいい
わたしたち(ばあば)はもう、すきにしていい」

というご意見。
じっさい、わたしもばあばになったら
そうおもうのだろうか。
きょうみがあります。


…はなしはかわって…

せんじつ、くすりを収納しているひきだしの
不用品を処分していました。

でてくるでてくる、こどものくすり。
ほぼ、長女のです。
ちょっとまえに、だいぶ処分したつもりだったのに。

それをみて
それぞれに、受診したときのことをおもいだし

あ~、わたし、がんばってきたなぁ…

と、はじめておもいました。

あんまり、過去をふりかえっても
こどもたちにたいしては
たいしたことをしていない、としか
おもわなかったのですが
こんなに医者にかかっていたんだなぁ、と
それぞれにたいへんだった感覚が
ふとよみがえってきました。

よくやってきたよね!

と、こころからじぶんをねぎらったとき
じぶんじしんがとても満たされたきもちになり

ちゃんと、こどもたちにひつようなことをしてきたじぶん

に、あらためてフォーカスすることができました。

こどものためなんだから
こうしてあげるのが、あたりまえ

そのときは、そうとすらおもっておらず
無意識にこどものために
いろんなことをしています。

でも、それをあらためて俯瞰でながめたときに
かなりの手間とじかんをさいていて
いろんなことをやりくりしながら
こどもについやしているということを実感しました。

それを、ここまでしてきたじぶんを
くすりをとおして客観的にみつめられ
そんなじぶんを、こころからみとめることができたのは
この日の恩恵でした。

ちなみにそのあと
「ヒカリノコトバ」の
オーダーをいただきました。

くすりを処分して
空いたスペースに
あたらしい恩恵がはいってくる!

そんなこともたいけんした
すてきないちにちでした☆




***********************************


宇宙のながれにのっている☆彡

受付中です↓↓↓


町田3期4月19日スタート





☆西洋式レイキ講座・レイキヒーリングのお問い合わせ
→mami-nk@pdx.ne.jp



**********************************

[PR]
by carta-de-mami | 2018-04-14 22:37 | 目覚めの意識 | Comments(0)

ナカガワマミ:インフィニット・グレイス「目覚めのコース」認定講師。西洋式レイキティーチャー。『目覚めのコース』、おはなし会の開催、イベント企画・運営など。たいせつなことはほんとうにシンプル。それでいいのか!ときづいていくことであらたなせかいにシフトする。変化することは、たのしいこと。あらたなじぶん、ほんとうのじぶんにつながってたのしくしあわせにすごしましょう☆彡


by carta-de-mami