<   2013年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

おとといはとくに予約もなく、
ただただレイキヒーリングで使うマットを
アトリエに置かせてもらうついでに
コトコトさんとお話ししてこようと
出かけていったのですが。

車をアトリエのあるアパート1階の整体の前に停めたところ
「今日はYugeさんでランチ会があるからそこに車停めるかもよ」
とコトコトさんに言われ、あわててYugeさんに確認にいきました。

Yugeさんは、アパートの1階にある、すてきな雑貨のお店です。
アンティークものあり、作家さんものあり。
うっとりするような、かわいいお店なのです。

コトコトさんのお話だと、ランチ会はひとりキャンセルが出たとのこと。
これはわたしが行くことになっているのだということで、
またまたYugeさんに予約を入れにいきました。

ランチ会でお会いしたのは
コトコトさんやYugeさんなど、玉学つながりのお仲間がなかよくされている
アロマオイルを使った施術をされたり化粧品を作られている「Kei」さん。

先日飛びこみでパワーピアスを受けてくださったお客さまも、あのあと
Keiさんのところにフェイシャルを受けにいったのだとか。

おいしいランチを、ステキな空間でいただいて
たのしくおしゃべりしていると
Keiさんも、ピアスを受けたいと言ってくださり
コトコトさんで施術させていただくことになりました。

パワーピアスの施術の行程で、レイキを取り入れたことにより
レイキが伝えやすくなっているな〜と感じます。
Keiさんは、頭部のヒーリング中
「からだが動く!横とたてにゆれる!」
と驚かれていました。

エネルギーがクライアントさんを調整する過程で、
その方によっていろんな反応があります。
それもとても興味深いです。

施術後3人でいろいろお話ししていたら
つづけてお客さまが来られて
コトコトさんはお仕事に戻り。
でもKeiさんとわたしは、ひたすらおしゃべり。

前から、じぶんの特技と自覚していたのですが
初対面の方や、出会って日も浅いはずの方に
いろんなことをしゃべらせてしまうようです。

いわゆる「聞き上手」らしいのですが
なんの魂胆もなく、ただその人の話を聞きたい、と思って
耳をかたむけていると、いつのまにかみなさんが
「なんでわたしこんなことしゃべってるんだろう??」
ってな状態になられるようで。

「セラピストとしての強みだよ!」
と、ちいちゃんに言ってもらったこともありました。

つい最近まで月1でイベント開催してもらっていた
CAFE UTOKUのオーナーさんにも
「マミさんには油断しちゃう」
と言われたことがありました。
仕事モードを忘れさせてしまって
本来の彼女を引きだしてしまっていたようです。

この日のKeiさんも、初対面のわたしに初めてひとに話すようなことを
おはなしされていたそうです。

わたしのできるヒーリングは、これでもある!
と感じました。

むりやりにお話しさせるのではなく、クライアントさんが無意識に
ココロを開ける相手でいられること。
わたし自身、そうあらねば!とがんばる必要はまったくなく
ただただいつものわたしであればいいだけのこと。
それでクライアントさんが癒され、その時間をたのしんですごされたら
最高だな〜と思いました。
[PR]
by carta-de-mami | 2013-04-27 06:33 | Comments(0)
「神さまとのデート」でご紹介した、「ワンネス整体」の末延先生が
ご自身のブログでわたしの記事をご紹介くださいました。

http://plaza.rakuten.co.jp/myouon/diary/201304220000/

ちいちゃんがわたしの記事を読んで、とてもよろこんでくれて
ぜひ先生にお知らせしたいと言ってくれたのでした。
そのときはわたしもうれしくて、ぜひお伝えして!とお願いしたのですが
まさかリンクを貼ってくださるとは思ってもみませんでした。

ちいちゃんに
「先生がブログでマミちゃんのことを書いてくれてるよ!」
と教えてもらって、ビックリでした。

こんなことなら、もっと詳細をきちんとアップすればよかった〜!!
時間がなくて、でも記しておきたくて、かなり抜粋して書いたものだったので
今になってそう思ってしまいます。

23日(火)、そのワンネス整体の瞑想会に2度目の参加をさせていただいて
またまたエドガー・ケイシー「神の探求」の深い解説を、今回は
先生のお隣でお聞きすることができました。

自分で文章を追っただけでは、ここまでの理解はとうていできません。
本が好きだし、ある程度の読解力はあると思っているのですが、それでも
こんなに深い内容を読み取るのは不可能です。

そこを末延先生にたのしく伝えていただけると、キリスト教徒でなくても
聖書の言わんとすることを理解できて、発見だらけでワクワクなのです。
知的好奇心をくすぐられる、すばらしい時間です。

過去世が修道女だったとすると、先生はわたしから見て「神父さん」のように
感じる方なので、お話に引き込まれるのは必然だな〜と思います。

今回は「瞑想」の、冒頭のアファメーションの解説でした。
そこだけで時間がいっぱいになるほど、大切なことが詰まっています。
自分でアファメーション読んで、こんなことにまで理解が及ぶはずがありません。

瞑想の順序も教わりました。
こんなに段階を踏んで入っていくものなんだ!と何も知らないわたしには
神さまとのデートはちょっと準備が大変…と感じました。
でも続けていくことで、奥山先生のように「最高の快楽」にまで
昇華するんですね。

最後に「気を回す」ときに、隣のひとと手を重ねます。
わたしは今回先生のお隣だったので、先生の手のひらに触れることになったのですが
びっくりするほどやわらかくて!
心に触れたかのようでドキッとしました。
バイト先のレジにいると、園芸用の土のおかげで手が荒れます。
こんなガサガサの手で先生のやわらかい御手に触れて申し訳なく感じました。

瞑想会のあとは、常連さんのおひとり、「健ちゃん」のスイーツが振るまわれます。
前回ティラミスをいただいたのですが、とてもおいしかったです。
今回は帰宅時間が気になって、スイーツタイムを前においとましました。

みなさんにあいさつをして玄関に出てまたビックリ。
20人近くいるみなさんが、見送ってくれています。
ちょっと感動する光景でした。

最後に末延先生と感謝の気もちを伝えあい、握手をしました。
やっぱりやわらかい、あたたかな手のひらでした。

今回も、ワンネス整体の皆さんとワンネスなひとときを過ごせてしあわせでした。
[PR]
by carta-de-mami | 2013-04-25 09:50 | Comments(0)
今週木曜日は、もともとアトリエヒーリングの日として
ご予約を受けつけていた日でした。

おともだちのお母さまがパワーピアスを気に入ってくださっていて、
今回予約を入れてくださっていました。

施術後ご近所の、木曜日だけ営業されているパン屋さん、
「エルビス」さんのパンと、チコリーのコーヒーをコトコトさんに
準備していただきお茶タイム。

お話ししていると、わたしの知らないころの玉川学園のお話が聞けたり
その方自身のこれまでのことなど、人となりに触れる機会となり
わたしにとって、とてもココロの満たされるひとときだと感じます。

そのあと、コトコトさんのお知り合いが、同じアパートの1階に入っている
かわいい雑貨屋さん「Yuge」さんに行ったあとアトリエに寄られて、
コトコトさんに勧められるままにピアスの施術を受けてくださいました。

「ちょっと落ちている」と言われていたので、ゆっくりお話ができたら
と思っていたけれど、この日コドモの保護者会が午後から入っていて
残念ながら中座しました。

アトリエで、いろんな方と知り合えてしあわせです。
コトコトさんに結んでいただくご縁。

セラピストとしてのよろこびを、めいっぱい感じています。
そしてコトコトさんとお話ししていると、じぶんがなにをしていきたいか
見えてくることもあり。

アトリエで過ごす時間は、お客さまがいてもいなくても
大切な時間として存在しています。
[PR]
by carta-de-mami | 2013-04-20 08:25 | Comments(0)
本日は、コトコトさんのアトリエで、パワーピアスセラピーの
施術をさせていただきました。
アトリエヒーリング立ち上げて、初のお客さま。
ありがとうございます!

曜日を固定してしまうのは、ちょっと難しいのかな。
今後どうしていくか、考えたいところ。

施術後、コトコトさんにお茶を出していただき、のんびりお話。
地元の有名店の話で盛り上がりました。
こんなのたのしいな〜!

いろんな方と、こんな感じでつながっていけたらいいかも。

少しずつ、ピアスもレイキもご予約いただいていてます。
ご興味のある方もちらほらいらっしゃるようで!
これからいろんな方向に広がっていく予感。

ここでわたしたちがなにをしたいか。
どんな場所にしていきたいか。
それをふたりで見ていくことで、ちゃんとそれが叶う。

「創造主」としてのじぶんを、実感したい!
[PR]
by carta-de-mami | 2013-04-17 00:31 | Comments(0)

シンプルになる

ここのところ、自分に必要かどうか疑問をかんじてきた環境を
いくつか手放しました。

迷いはありましたが、結局のところ自分の気持ちに従った結果です。

それによって今後がどう変わっていくのか。

でも迷っているときにメッセージを受けとりました。

「自分で決めたことだったら、失敗しても納得いくじゃん」

と、かつてハイヤーセルフがわたしに
「見本がいるでしょ」とおしえてくれたその人のことばで
伝わってきました。

ことばを選びながら決断のメールを数時間かけて打っていた間
視界に何度も、キラッとひかるなんらかの存在。

自分を信じて決めたことだから、これでだいじょうぶ。
と、OKサインを出してくれていると思っています。
[PR]
by carta-de-mami | 2013-04-16 01:24 | Comments(0)

怒濤の変化のからくり

2月の末から3月いっぱいにかけて、
わたしの身辺が急激に変わりました。

行動を起こしたのはわたしですが、
実はすごく不思議な感覚のなか過ごしてました。

2月末、ちょうど風邪を引いて咳が出始めのども痛み
寒気がしたりして体調がよろしくない日が長々と続いていました。

鼻づまりのため、頭が膨張しているような不快感がずっとあり
ついに花粉症デビューではないか?と思いました。
でも、そこにフォーカスしては花粉症の自分になってしまう、と思い
鼻は詰まっていていやな予感はするが決して花粉症ではない、と
周囲に言いつづけてました。

しばらくして風邪の諸症状はおさまっているのに、頭の膨張感は
なぜか持続している、という、不思議な状態になりました。

頭が膨張しているあいだは、あれこれ頭で考えるクセのあるわたしが
「強制的思考ストップ」な感覚になっていました。
なんせ、頭の中にパンパンになにか入っている感じなので、
それがじゃまして自分の思考が自分のなかに入っていかないのです。

ちょっと心に引っかかりそうなことがあったり、そこに気もちがとらわれて
負のループをたどるようなケースでも、思考がまわらないので
それ以上考えることができなくなっていました。

それで自然と、「考えない」わたしになっていました。

その間に会ったひとからつたえられたり、またはメッセージとして
受けとったり、つぎからつぎへと波のように押し寄せてくるものを
感じていました。
そのエネルギーがあまりにすごいので、

逆らえない、もう進むしかない

と思いました。

そう決めてからのことも、思考ストップのまま、ただやみくもに
「こっちにすすむ」と一方向だけを見て走りつづけていたのでした。

状況が一段落して、頭の感覚もすっかり元に戻って、あの不思議な
パンパン状態はなんだったのかな?と思うようになりました。

さまざまなご報告がてら、目覚めのコースの先生である歌里さんに
頭がパンパンだったことをお話ししました。

視ていただいたところ、そのときのわたしはハイヤーセルフのエネルギーと
強力にむすびついていたそうです。

わたしの解釈ですが、

「ハイヤーセルフはわたしの思考をぴったり止めて
よけいなことを考えないようにし、ひとつの流れに乗っていくように
導いてくれていたのではないか?」

と思いました。

その感覚を体感したことで、「頭で考えないこと」がどういうことか
からだが覚えています。
いろんなことを体感で感じるわたしには、これがいちばんだという
ハイヤーセルフの判断でもあったのかもしれません。

頭の感覚が戻って以降も、思考のパターンはハイヤーセルフに
止められていたときとあまり変わらず。
マイナス感情の波は、ごくごく小さく、大きく揺れても長続きせず。
いいことにもわるいことにもとらわれる時間が短くなっています。

流れに身をまかせていく、というのは、こういうことなのでは。

いままで気づくことがなかったことのひとつひとつを
体験しながら、体感しながら
確認しながら、味わいながら
そしてなにより、たのしみながら

これからのわたしも、日々あたらしくなっていくんだと思います。
[PR]
by carta-de-mami | 2013-04-05 21:51 | Comments(0)

ナカガワマミ:『目覚めの意識』実践・研究家。インフィニット・グレイス「目覚めのコース」認定講師。西洋式レイキティーチャー。『目覚めのコース』、おはなし会の開催、イベント企画・運営など。たいせつなことはほんとうにシンプル。それでいいのか!ときづいていくことであらたなせかいにシフトする。変化することは、たのしいこと。あらたなじぶん、ほんとうのじぶんにつながってたのしくしあわせにすごしましょう☆彡


by carta-de-mami