カテゴリ:ワンネス整体( 2 )

8月27日(火)
ワンネス瞑想会にて。

内容は

*1ヶ月間のシェア、

*エドガー・ケイシー「神の探求」の
 第三課「理想を定める」

*暗示法

でした。

シェアでわたしが聞いていただいた内容は

「私の理想設定は、“愛をことばや行動で表現すること”」

それから

「大河ドラマの“八重の桜”を観ている、それは不純な動機から。
 でもそれが導きだったと感じた。
 はなしが進んで、八重さんは宣教師の新島襄さんと出会って結婚する。
 そうするとストーリーに聖書の内容がからんでくる…
 
 というのを予告で知ったとき、なぜだかそわそわしてきて、または
 ワクワクしてきて、わ〜っと盛り上がってしまった。

 そして先週は、襄さんの
 “私は宣教師です。神の名のもとに受ける苦しみはよろこびです”
 というセリフをきいたときに、グワ〜っとこみあげてくるものがあって
 泣きそうになった。
 もう、いいかげん聖書をよむ時期なんじゃないかとおもった」

というものでした。

末延先生からのコメント

「みちびかれてる〜!」
「いや〜、たましいのみちびきからはのがれられません!」

先生、わたしがそれをじぶんでわかっていて
でものらりくらりとかわしているから
そう言われたんだろうなぁ。

全員のシェアがおわって、小休止のじかん。

「マミさんはかくじつに聖書のほうへみちびかれてますね。
 頭ではわからなくても、たましいがよろこぶことをすると
 内側がそう感じているのがわかって、たのしいですよ」

と、末延先生からおはなしがありました。

奥山先生からは

「…わたし、マミさんがはじめてきたとき
 
 “あ〜!!!”
 
 っておもった。
 
 みちびかれてきただろうなぁ〜…ってふんいきが
 すごい、ただよってた」

奥山先生の妹さん、ミカさんからは

「前、シスターしてたイメージあるなぁって…」

ここでムスメからの電話が絶妙なタイミングでかかってきて
つづきをおききできなかったのですが
とにかくおふたりに言われたことにも、ビックリ!
と同時に、やっぱりそうなのか〜…とおもわざるをえませんでした。

とにかく、ここ数ヶ月聖書によばれてるんですよ、わたし。
よめって。
これも、アルバイトをやめる決心したときのように
またわたしのちからでは抵抗しきれないところまできている
ひとつのながれ。

それを先生方はよくおわかりで、やんわり薦めてくださっている。

この日、瞑想会のあと、セラピストなかまのちいちゃんに
かねてより気になっていた「予言カフェ」に
つれていってもらいました。

主とはイエスなのか?
はたまた違う存在なのか?
なんてことを、キリスト教でもないわたしたちは
真剣に確認しあっているという。

解散したじかんは帰宅ラッシュに入っていて
ひさびさにぎゅうぎゅうの電車。

目の前にいた読書中の女性の本に目をやると
おどろくことに
「霊性を高める」
という章で…ケイシーじゃないよね?とすこしばかり
目をこらしてみましたが、ちがってました。

ふと、

「イエスさま
 この満員電車のなかでもわたしが
 快適でいられますように
 おちからを貸してください」

とおねがいしてみました。

ビックリします。

プチ「モーゼの十戒」!

となりにいたひとの体勢がかわって
わたしのまわりに、何センチかの空間ができました。
こんなにこみあっているのに、だれのからだにもふれず
だれの荷物にもふれず目的地まで行けました。 

「霊性を高める」の章をよんでいた女性の目の前には
ペットボトルを持ったひとの腕がのびていて
あそこに立っていたらすごくストレスだったなぁと感じつつ
イエスさまにずっとずっとお礼をいいつつ

すぐにでも聖書、よみます!

と、かたく約束しました。 
[PR]
by carta-de-mami | 2013-08-29 11:11 | ワンネス整体 | Comments(2)

たましいの反応

「セラピストをめざすひとには、かならず試練がきます」

という、ワンネス整体の末延先生のおはなしをきいたとき
なみだが一気にあふれてきた。
そのあとのおはなしが入ってこないくらい、
じぶんの反応にびっくりした。

…それが、5月の瞑想会。
アルバイトの最終日を翌日にひかえていたから
こんなにひびいた、というタイミングもあると思いますが

「それをきいてなみだが出るというというのは
 たましいが反応したんですよ。
 たましいは、そのことをしっているからです」

と、先生は説明してくださいました。

おなじ経験をよくするのが、「天然石工房ひふみ」の
オーナーさんの目をじっとみているとき。
おはなしを聞こうと目をみつめるだけで
しんじられないけれど、なみだがあふれます。
おはなしの内容に関係なく、目をみつめるだけで。

同席したほかのお客さんたちは、わたしが
オーナーさんのおはなしで泣いていると思うでしょう。
じっさいの感覚としては、そうではなく。

わたしのたましいは、いつもなにを感じているんだろう。

どんなことに、たましいが反応するのか。
それをさぐっていくと、じぶんのことがまた見えてくる気がします。
[PR]
by carta-de-mami | 2013-08-27 00:04 | ワンネス整体 | Comments(0)

ナカガワマミ:『目覚めの意識』実践・研究家。インフィニット・グレイス「目覚めのコース」認定講師。西洋式レイキティーチャー。『目覚めのコース』、おはなし会の開催、イベント企画・運営など。たいせつなことはほんとうにシンプル。それでいいのか!ときづいていくことであらたなせかいにシフトする。変化することは、たのしいこと。あらたなじぶん、ほんとうのじぶんにつながってたのしくしあわせにすごしましょう☆彡


by carta-de-mami