「すきなことをする、あいたいひとにあう」ことの恩恵☆

昨年末、おもいきって岐阜の美濃へいきました。
美濃といえばエムエムブックス
そして閉店まぢかだった、
エムエムブックススタッフのみなさんの
おきにいりだった喫茶店「赤玉」。
マーマーガールにはおなじみの。
いろいろあって、きゅうきょいくことになりました。

そのときにおこったできごとのえいきょうもあり
その地ですごしているうちに
じぶんのかんかくが
ものすごくかわりました。
このたびからうけとった恩恵は
かくじつにことしのながれの
起点になっているとおもいます。

1月、ながらくじぶんのなかにあった
無意識のこだわりやおもいこみを
読書をとおしててばなすことになりました。

ちょくせつ、じぶんがもっていたものにかんする記述が
あったわけではありませんが
よみすすめていくうちにしぜんとうかびあがり
しぜんとどうでもよくなっていったことがらが
いくつかあります。

そうなってから、こんかいの
目覚めのコース町田校へのおもうしこみがありました。

2月は、ただ純粋にこのひとにあってみたい、というきもちで
でかけていった下北沢で
おもいがけず、講座のおはなしをいただきました。

それからいままで、いぜんブログにあげたこともふくめ
じぶんの活動とはかんけいないような
趣味の範疇のことをいろいろとたのしむきかいが
つぎつぎにあって
そのたびに、きょうみのあることや
ぜひいきたいとおもっていたばしょに
あしをはこんでいるうちに

しぜんと
たのしむことをじぶんにきょかしていることにきづきました。
いままでも、すきなことをしてきているつもりでしたが
それよりもハイペースだし
内容も濃いとかんじてます。

これまで、とってもとくべつなようにかんじていたことが
もっとみぢかにかんじられるようになってきている。
すきなことをたのしむということへの
ブロックがはずれているとおもいます。

都内でも、いったことのないばしょがたくさんあり
なじみのない路線にはハードルをかんじていたようにおもいます。
かんたんにいけないばしょ、と
無意識におもっていたのです。

かんたんに、いけないばしょ。
かんたんに、あえないひと。
なんだかそこらへんが
とってもかぜとおしよく、じゆうになったかんかく。

だからとっても
これからがたのしみなのです。

これまでも
いいことしかおこらない、とわかっていたけれど
じぶんで無意識にかけていた制限がはずれて
いまは、もっとこのさきにあるせかいが
さらにおおきくひろがっているのをかんじます☆









*************************************


うちゅうのながれにのっている☆

4月よりスタートの町田校残席1名さま





*************************************







[PR]
by carta-de-mami | 2017-04-08 00:33 | きづき | Comments(0)

ナカガワマミ:『目覚めの意識』実践・研究家。インフィニット・グレイス「目覚めのコース」認定講師。西洋式レイキティーチャー。『目覚めのコース』、おはなし会の開催、イベント企画・運営など。たいせつなことはほんとうにシンプル。それでいいのか!ときづいていくことであらたなせかいにシフトする。変化することは、たのしいこと。あらたなじぶん、ほんとうのじぶんにつながってたのしくしあわせにすごしましょう☆彡


by carta-de-mami