2017.3.6「ヒカリノラボ」のごほうこく☆

おはなし会「ヒカリノラボ」
ぜんかいのテーマ、「自己信頼」の
第2弾を、とのリクエストをいただいて
3月6日(月)に開催しました。

「自己信頼」をもつって、どういうことなのか。
あらためて考察し、おつたえしました。
いまのわたしが、じっかんしていることばかりです。
ぜんかいのじぶんとは、もうちがうので
4か月ぶりだと、おつたえするないようも
ちょっとかわっています。

この日は、
わたしのたんなる好奇心で
ごさんかのみなさんにとって
「愛」ってどんなものか
しつもんさせていただきました。

みなさんからのおこたえをおききすることは
とてもたのしかったです。
みなさんにとっても同様だったようで
じっさいもりあがりました☆

そして

・じぶんのかんかくをかんじること
・ここちよくかんじることをえらんでいくこと
・それをかんじとる「快センサー」をみがくこと

などをおはなししながら
いまげんざい、どんなかんかくをかんじているか?
それをかんじてもらいながらはなしをすすめました。

こんかいも、ご参加くださったかたがたから
うれしいごかんそうをいただきました。
抜粋してごしょうかいさせていただきます。



☆きょうのはなしは、すべてためになった
「快」のかんかくがたいせつなんだとわかった
「快センサー」だけでもおぼえていきたい

☆ぜんかいのないようはわすれていたけれど
きょうおはなしをきいて
「快センサー」をみがくほうがたいせつなのかとわかった
じっさい「快」のかんかくをたいけんしてみて、これからが
たのしいほうへいけばいいな、とおもった
きょうおはなしをきいて、じつはじぶんのこれまでのいろんなことが
うまくいってたのではないかとかんじた
じぶんをひくくみつもらないで
「わたしなんて」ではなく
「ありがとう」とうけとろうとおもう

☆ないようがもりだくさんで、そのぜんぶに「ガッテン☆」
とってもたのしかった
じぶんのキャパや、ここちよさをかんがえながら
「快」のじょうたいにいられるように波動たかめて
じぶんがパワースポットになろうとおもう

☆自己信頼についてくわしくはなしてくれてよくわかった
内観がたいせつ、そうしてじぶんをたいせつにしていこうとおもう
じぶんをたいせつにするということは、
じぶんがじゆうになるということだとわかった

☆ほんとうにもりだくさんで、とてもべんきょうになった
じぶんがなにをかんじるか、内観をたいせつにしたい
そして、ひとつのテーマでそれぞれのかんがえかたがきけて
それもたのしかったしべんきょうになった
ぜひ第3弾も開催してほしい



このようなごかんそうをいただきました。
みなさんによろこんでいただけて、じぶんとしても
ほんとうにうれしい機会でした。

あらためて


「今回のおはなし会、マミ先生のパワーアップ感を
すごく感じたの~✨✨

すごくさらにエネルギーアップしてたのを終始感じた(*^-^*)☆☆

マミ先生が日々感じたり、体得したことをこうして惜しみなく
シェアしてくれることにすごく愛をかんじて
本当にありがたいなぁ~としみじみ感じた1日でした♡♡

素晴らしい機会を本当にありがとう(*^^*)♡♡♡」


というごかんそうもいただけて
これにもほんとうにうれしいきもちでいっぱいでした。

というのも、昨年末からのじぶんの変化が
ほんとうに
根幹からのものすごいものだとかんじているからです。

それが、おはなし会に反映されているのを
こうしてかんじてもらえていたことが
とってもはげみになり、また確信となりました。

いまのわたしがおつたえできることを
ベストをつくしておつたえしているつもりではありますが
それによってわたしがうけとらせていただいているものも
まいかい、とってもおおきいのです。

ご参加いただいたみなさま、ほんとうにありがとうございました☆

















*************************************


うちゅうのながれにのっている☆

3月16日よりスタートの町田校残席1名さま





*************************************

[PR]
by carta-de-mami | 2017-03-10 11:53 | イベントおしらせ | Comments(0)

ナカガワマミ:『目覚めの意識』実践・研究家。インフィニット・グレイス「目覚めのコース」認定講師。西洋式レイキティーチャー。『目覚めのコース』、おはなし会の開催、イベント企画・運営など。たいせつなことはほんとうにシンプル。それでいいのか!ときづいていくことであらたなせかいにシフトする。変化することは、たのしいこと。あらたなじぶん、ほんとうのじぶんにつながってたのしくしあわせにすごしましょう☆彡


by carta-de-mami