「くだらないこと」からのメッセージ☆

こんげつは、
あたらしいことをたいけんする
というながれがいくつかありましたが
そのなかに先々週末の観劇と
先週のオールナイト上映があり。

それぞれ
ほんとうに「いみがない」、
そして「ひたすらふざけてる」という
わらうことが趣味の
わたしにとってはさいこうのじかんでした。

先々週の観劇は
「ギャグマンガ日和」という
マンガが原作の舞台。

そのマンガがおもしろいのはしっていましたが
まともによんだことはありません。
なぜそんなわたしが観にいくことになったかというと
うっかり長女(うっかりはちべえ的な)が
修学旅行なのをわすれてチケットをとってしまったため。
ほかにゆずるひとがなく、わたしがいくことに。

主演の俳優さんがあいさつで
「くだらなくて、いみがない舞台を
なにもかんがえず観てわらってもらって
げんきになってもらえたらうれしい」
といっていましたが
ほんとうにまったく、なにひとつ
いみがない…テーマもメッセージもなにもないものを
こんなに本気度100%につくりあげた
わかい俳優さんたち、監督やスタッフのひとたち。
こころから尊敬しました。

先週末のオールナイト上映は、
ダンナさんのだいすきな
電気グルーヴの
「電気グルーヴ副音声オールナイト上映」。
この日だけのきちょうな上映だったそうで
ダンナさんにつきあうかたちでいくことに。

やっぱり電気グルーヴ。
ライブ映像をみながら
ラジオを聴いてるようでした。
中学生男子のノリでただただふざけている
アラフィフのおにいさんたちのさまが
ほんとうにたのしそう。
このひとたちの、最大の魅力だとおもいます。

きょねん「電気グルーヴ THE MOVIE」の
大ファンになって以降
おもしろくてかっこいい電気グルーヴに
さらに愛をかんじるようになったのですが
その映画を撮られた大根仁監督(バクマン。やSCOOP!の監督さん)が
副音声で電気のふたりと解説していました。

さらに、その大根監督ごほんにんが
わたしたちのちかくの席にいらしたという
ミラクルもあり☆


いみがなくて
くだらなくて
ただふざけていて
めっちゃわらえる

というものが
むかしから
だいすきでした。

そういうものを臨場感たっぷりに
たのしむきかいがつづいて
これはメッセージか、と
かんじました。

もっともっと
たのしもう!
しごとであっても、なくても
かろやかに、じゆうに。
そういうチャンスはのがさずに。

だって「すき」にりくつはないのだから☆









*************************************


うちゅうのながれにのっている☆






*************************************


[PR]
by carta-de-mami | 2017-02-26 22:05 | きづき | Comments(0)

ナカガワマミ:『目覚めの意識』実践・研究家。インフィニット・グレイス「目覚めのコース」認定講師。西洋式レイキティーチャー。『目覚めのコース』、おはなし会の開催、イベント企画・運営など。たいせつなことはほんとうにシンプル。それでいいのか!ときづいていくことであらたなせかいにシフトする。変化することは、たのしいこと。あらたなじぶん、ほんとうのじぶんにつながってたのしくしあわせにすごしましょう☆彡


by carta-de-mami