じぶんファースト☆

2月8日のブログ
「ジャッジとニュートラル☆」のつづきのないようです。

だれかにしんぱいをかけるのでは、と
まわりをきづかって
じぶんの感情をおさえていることはない、と
おつたえしました。

「いいこ」にも「優等生」にも
なるひつようはない、と。

くわしくおつたえすると
まわりのひとをきづかって
へいせいをよそおっているときは
「むりしている」じょうたいだとおもいます。

うちがわにある感情は
おさえつけられている。

じぶんのいしきがせかいを創っている。
だとしたら、いちばんだいじにしなくてはならないのは
じぶんなのでは。
じぶんがしあわせであたたかなきもちでいられたら
めにするもの、であうひとは
みんなしあわせで、あたたかです。

じぶんにむりをさせない
がまんさせない

ということが

じぶんをたいせつにする
じぶんをあいする

ということなのでは。
それには、いまじぶんがむりしてないか、に
きづくひつようがあるのですが。

ひとりでいたいとおもうなら
まわりにあわせず、そうしたほうがいい。
まわりのひとは、そうさせてくれるはず。

だれかにきいてほしいなら、はなしたほうがいい。
きいてもらってわるい、ということはないのです。
そのはなしをきくことで、あいてのひとは
あなたの役にたち、感謝してもらえます。
よろこびとしてかえってきます。

だれもが「じぶんファースト」で。

そして
なんのためらいもなく
むりせずできる範疇のことを
おしみなくできていれば
もうそれだけで、じゅうぶんに
ひとのやくにたてています。

そのひとらしく、むりのないかたちで
しあわせでいられます☆













*************************************


☆うちゅうのながれにのっている☆





*************************************


[PR]
by carta-de-mami | 2017-02-17 10:55 | 目覚めの意識 | Comments(0)

ナカガワマミ:『目覚めの意識』実践・研究家。インフィニット・グレイス「目覚めのコース」認定講師。西洋式レイキティーチャー。『目覚めのコース』、おはなし会の開催、イベント企画・運営など。たいせつなことはほんとうにシンプル。それでいいのか!ときづいていくことであらたなせかいにシフトする。変化することは、たのしいこと。あらたなじぶん、ほんとうのじぶんにつながってたのしくしあわせにすごしましょう☆彡


by carta-de-mami